フラット35を利用した住宅取得を応援! 〜 住宅ローンはフラット35,S,金利推移,比較 〜
  フラット35  

       

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインコンテンツ
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フラット35 攻略コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
検索


トップ  >  フラット35攻略準備  >  フラット35 メリット・デメリット・特徴


 
 
 
 
 

ご注意・免責事項 
 フラット35のメリット・デメリット・特徴

ここでは、フラット35の特徴、メリット・デメリットをなるべく分かりやすくご説明します。正しく理解して、住宅ローン【フラット35】のことを自分のものにしましょう。

フラット35メリット・デメリット
 
メリット   デメリット   その他特徴

借入れ期間[最長35年]
最長35年の超長期を選択することが出来ます。又、もちろん35年より短い期間でも大丈夫です。フラット35を住宅ローンに選ぶ際、実際には35年以外を選択される方ほとんどいないようです。

全期間固定金利
融資を受ける(口座にお金が振り込まれる)際に金利が確定し、最後まで同じ金利が続きます。途中で金利が変動したり、期間を再選択する必要がないため、住宅ローン開始時に毎月の支払額が返済まで確定します。金利変動リスクに頭を悩まさせられる必要がなく、自分のペースで住宅ローンの返済ができます。

保証料不要
一般的な住宅ローンで必要となる保証料が不要。保証料のある住宅ローンでは、2500万円を35年返済で借りた場合、40〜50万円程度の融資保証料が必要になることが多いですが、この分が不要となります。保証料は借りる人(あなた)から見れば、まったくの不要経費となるため、このメリットは大きいです。

保証人不要
保証料と同じく、保証人も不要。無駄な手続きがないため、住宅ローン申し込み手続きの手間が省けます。

繰上返済手数料無料
100万円〜の金額を繰り上げ返済できますが、繰上げ返済を行う際の手数料が無料。繰上げ返済のハードルが下がり、繰上げ返済がより身近にできるのは、長い期間を共にする住宅ローンとしては大きなメリットです。

融資可能額
●購入価額の合計が1億円以下の物件について融資可能。
●融資可能額は100万円以上8,000万円以下。
●建設費または購入価額の9割以内を融資可能。
年収によって融資可能額(収入に対する返済割合)に違いがあります。

融資金利の確定タイミング
フラット35の金利は融資実行時、すなわち口座にお金が振り込まれる日の金利が適用されます。正確にはフラット35の金利は月内であれば変動しないため、融資実行月の間であれば、いつ実行されても同じ金利が適用されることになります。
民間の住宅ローンでは、申し込み時金利が適用される住宅ローンは種類としてはかなり少ないですが、探せば無いわけではありません。融資実行時まで金利が確定しないと言うことは、金利上昇局面においては、デメリットになることも多いため注意が必要です。フラット35だけにこだわらない方には、少し裏技っぽい住宅ローンの選択方法もあります。

火災保険料
火災保険料は融資金額によって異なりますが、公庫融資と比較した場合は若干高めの金額です。ここで言う火災保険とは、万が一の際にローンの残金を清算してくれる保険だけのことを比較しています。
フラット35では、火災保険の加入は基本的に必須となっていますが、家財を守る保険については、完全に任意での加入となるので注意してください。

団体信用生命保険料
団体信用生命保険料、略して団信(だんしん)。通常の住宅ローンでは、団信の費用は金利に含まれていることが多く、個別の費用としては表面に現れてこないことがほとんどです。その為個別に支払うと損をしているような気がしますが、金利に含まれているということは、結局必要な経費を払っていることに変わりはありません。(団体信用生命保険料は毎年支払う金額が安くなるため、実際には、金利に含む方がトータルでの支払い額が多くなっていることもありえます)

適合証明
フラット35では、独自に定める技術基準に住宅が達しているかどうかの判定があり、これに合格しない場合は融資を受けることができません。
もちろん、住宅が高い品質で建てられること自体は融資を受ける立場からすればメリットでもありますが、手続きが増える(+適合証明取得の手数料が3〜4万円程度必要)ことはデメリットでもあります。



 フラット35メリット・デメリット・特徴まとめ
いろいろなメリット・デメリット・特徴がありますが、やはり35年間の全期間固定金利が最大の目玉です。
全期間固定金利は将来、金利上昇リスクを考える必要がなく、毎月の資金計画が建てやすいでしょう。又、繰上げ返済手数料や保証料も無料だったりと、サービス面でも小回りが効くところも特徴です。

フラット35は、のんびりと毎日の生活にゆとりを持って住宅ローンと付き合っていけるゆったり型の住宅ローン。もちろんメリットだけでなくデメリットも踏まえて「人生をともにできる住宅ローンであるか」を考えて住宅ローンを選ぶ必要があります。
前
フラット35簡単なご説明・解説
カテゴリートップ
フラット35攻略準備
次
フラット35 選択のポイント