フラット35を利用した住宅取得を応援! 〜 住宅ローンはフラット35,S,金利推移,比較 〜
  フラット35  

       

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインコンテンツ
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フラット35 攻略コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
検索


トップ  >  フラット35攻略準備  >  フラット35 年収による融資限度額


 
 
 
 
 
ご注意・免責事項 
 フラット35 年収による融資可能額

フラット35では(もちろん他の住宅ローンでも同じですが)、年収に応じて融資限度額が設定されています。
※融資限度額のシミュレーションは、サイト内の住宅ローンシミュレーションでも計算できます。

年収による融資可能額

  借りたい金額が借りられるかを計算する
フラット35では年収に応じて、1年間に返済可能な限度額(を求めるための基準)が設定されています。年収に対する融資基準は以下の表の通り、2種類の基準しか設けられていません。




上記の年収に対する返済額の割合を求める基準について、具体的な数値で計算してみましょう。


★ 例1:年収300万円、実行金利 3.0%の場合
 
300万円 × 30% = 90万円(年間に返済可能な限度額) = 月々の返済額 7.5万円

 ⇒ 金利3.0%を考慮した融資限度額(元金) 約 1,949万円
 ⇒ 期間中の総返済額 約 3,150万円


★ 例2:年収500万円、実行金利 3.0%の場合

500万円 × 35% = 175万円(年間に返済可能な限度額) = 月々の返済額 約14.5万円

 ⇒ 金利3.0%を考慮した融資限度額 約 3,768万円
 ⇒ 期間中の総返済額 約 6,090万円


※ 上記の例はいずれも年収に対して限度額まで融資を受けた場合の例です。ここで行っている、融資限度額(年間)から毎月の返済額を算出し、実行時の想定金利から、融資を受ける元金を求める計算式は少し複雑です。ご自身のシミュレーションには、当サイト内の住宅ローンシミュレーションをご利用ください。
ここで言う基準とはあくまで「(将来の変化を考慮せずに現時点の収入のみから)これ以上は融資できない」金額を導き出すための基準です。勘違いしがちなのは、年収に対する返済限度額基準が30%〜35%の比率と設定されていることについて、この範疇であれば安全という訳ではありませんし、平均的なわけでもないと言うことです。利用者それぞれによって、家族構成や収入の増減、必要な支出額、将来の変化は異なるため利用するご家族に応じたシミュレーションが大切。

将来の収入と支出を具体的にシミュレーションした上で「収入に対する住宅ローンの割合が適正」であるかは、よくご家族と話し合った上で「頭金はいくら」で「住宅ローンはいくら」、○○万円程度の物件にしよう!と考えを進めていくべきです。年収と住宅ローンの返済額との比率はとても重要で、大きく間違えると住宅ローンと上手に付き合うことがとても難しくなってしまいます。楽しい住宅ローン生活(とあえて呼ばせてください)を送るためには、ここは手を抜かずきっちり抑えていきましょう。

前
フラット35 選択のポイント
カテゴリートップ
フラット35攻略準備