フラット35を利用した住宅取得を応援! 〜 住宅ローンはフラット35,S,金利推移,比較 〜
  フラット35  

       

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインコンテンツ
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フラット35 攻略コラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
検索


トップ  >  フラット35攻略-初級  >  フラット35の建物に必要な技術基準


 
 
 
 
 
ご注意・免責事項 
 建物に必要な技術基準

フラット35が住宅ローンとして優れている見落としがちなポイントがこれです。フラット35は低金利かつ超長期でローンが組めるだけではありません。安心して生活できる住宅を確保するためにも、優れているんです。

建物に必要な技術基準

  大切な人と安心して過ごすために
フラット35では、住宅が一定の技術基準をクリアしていないと融資を受けることが出来ません。これは融資を受けることのみを考えればデメリットにもなりえる条件です。でも、実際にはそうではありません。


フラット35では、住宅の品質を住宅ローン利用者のためにも定めています。当たり前の話ですが、住宅ローンの融資を受けても生活に不安が出るかも知れない住宅で毎日暮らすことは難しいです。住み始めてすぐに、住宅の構造に不安があったりしたら・・・本当に怖い話です。


フラット35の技術基準は主に以下のような内容です。

 土台、基礎の安全性
土台などの木部への雨のはね返りの防止や、床下の点検のしやすさなどを考慮して、基礎の地面からその上端までの高さを40儖幣紊箸靴討い泙后

 住宅の耐久性
耐火構造、準耐火構造(※4)または耐久性基準に適合
(1)土台の防腐・防蟻措置
(2)換気設備の設置
炊事室、浴室及び便所には、機械換気設備又は換気のできる窓を設けます。
(3)以下のいずれかの該当を必須
 ●主要構造部を耐火構造とした住宅
 ●準耐火構造(省令準耐火構造の住宅を含む)の住宅
 ●耐久性基準に適合する住宅であること
  (住宅性能表示制度の劣化対策等級2レベルの内容です)

※耐久性基準は、工法別に異なるため注意が必要です

 断熱構造
住宅の外壁、天井又は屋根、床下などに所定の厚さ以上の
断熱材を施工(S55年省エネ告示レベル)

(1)住宅の各部は、気候条件に応じ、室内の温度を保ち結露を防止する構造とします。(住宅性能表示制度の省エネルギー対策等級2レベルの内容です。)
(2)グラスウール等の繊維系断熱材等の透湿抵抗の小さい断熱材を使用する場合は、防湿層を設けます。(例外有)

 配管設備
(1)一戸建ての場合、炊事室に設置される給排水の配管等は、点検口等から点検または清掃できるものとします。
(2)共同住宅の場合、給排水その他の配管で各戸が共有するものは、構造耐力上主要な部分である壁の内部に設けないものとします。



 フラット35の定める技術基準とは・・・
ぱっと見ると当たり前であって欲しいレベルの基準もたくさんあります。そしてもちろん、これらの検査や申請手続きには若干の費用が発生するものもありますが、生涯を共にする我が家、十分に安心できるにこしたことはありません。
又、建築前であれば、「フラット35を住宅ローンに選択しようと考えているので、技術基準をクリアした住宅にしたい」と、ハウスメーカーや工務店にも言いやすく安心住宅を手に入れやすいと考えることもできるのではないでしょうか?

しかし、既に完成済みの建売住宅などでは、基準をクリアしていないと当然ながらフラット35を利用することは出来ず、「後から補強する」といった方法を取り難い技術基準も多いため、ハウスメーカーや工務店によく確認することが必要になります。

更に、一定期間金利の優遇を受けられる、フラット35S(エス)優良住宅取得支援制度については、ここに挙げた技術基準に、更に追加での技術基準クリアが必要となりますがメリットも多く、できる限りの利用をおすすめします。


※当ページの内容に関わる詳細な情報は、住宅金融支援機構のページを必ずご確認ください。

前
融資額に含まれる購入価額・費用
カテゴリートップ
フラット35攻略-初級
次
フラット35の審査・申請(他の借入れ状況)