フラット35を利用した住宅取得を応援! 〜 住宅ローンはフラット35,S,金利推移,比較 〜
  フラット35  

       

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインコンテンツ
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フラット35金利推移 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
検索


PR

フラット35への借り換えは今が「チャンス!」

フラット35への借り換えは今がチャンス
フラット35同士の借り換えもOK!最低水準金利で賢い住宅ローン活用
 
トップ  >  フラット35 2008年3月 金利推移

ご注意・免責事項 
 2008年3月 フラット35 金利推移


2008年2月と比較して、フラット352008年3月 平均金利0.010↓下がりました↓

フラット35 金利推移 2008年2月


  深刻化するアメリカ経済
サブプライムローン問題は様々な傷跡を実体経済に残しました。そして、まだ終わっていません。信用収縮懸念から、ドルが売られ結果として円高を招いています。円高になると輸出関連企業の株価は急落。それらの産業の収益の低下は日本経済にも深刻な影響を与え始めています。


しかし、日本経済はここまで売り込まれるほど弱っているわけではないと言うのが大方の見方でしょう。ただ、ドルを外貨準備として大量に(2月末残高は1兆ドルを超えました)を持っているため、ドルが安くなれば必然的に資産価値は減少することになります。外貨準備とは本来、円安及び円が低金利であることを前提とした場合に効果的なわけですから、円高を食い止めるためのドル買いにあまり優位性を見出すことはできません。


これだけの外貨準備を行っているのも、アメリカ経済に縛られている大変大きな問題の一つであり、日本経済がアメリカの経済に流動的になる原因でもあります。

又、先日FRBのバーナンキ議長の発言の中で「今後、いくつかの金融機関の破綻が推測できる」旨の発言にもあるとおり、アメリカはまだまだネガティブな材料を出しつくしていない状況にあります。

こんな中でのフラット35の金利は、日本の流動的な経済状況に従い0.010%の下げに留まりました。やはり、グローバルな経済的視点からは日本の金利引き上げは難しく、上げても年末にかけて0.25%程度が精一杯ではないでしょうか。


※これらの予測は現状における情報、情勢からのものであり、絶対を保証するものではありません。

投票数:121 平均点:3.64
前
フラット35 2008年4月 金利推移
カテゴリートップ
フラット35 金利推移
次
フラット35 2008年2月 金利推移