フラット35を利用した住宅取得を応援! 〜 住宅ローンはフラット35,S,金利推移,比較 〜
  フラット35  

       

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインコンテンツ
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フラット35金利推移 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
検索


PR

フラット35への借り換えは今が「チャンス!」

フラット35への借り換えは今がチャンス
フラット35同士の借り換えもOK!最低水準金利で賢い住宅ローン活用
 
トップ  >  フラット35 2010年4月 金利推移

ご注意・免責事項 
 2010年04月 フラット35 金利推移


2010年3月と比較して、フラット352010年4月 平均金利↑ 0.039% ↑ 上がり2.653%となっています。

フラット35 金利推移 2010年04月
※全国フラット35取り扱い134金融機関
※2010年4月6日 2010年3月 フラット35 平均金利 推移の画像は本日アップ予定です。

  2010年04月 フラット35 最高金利 《 3.380% 》


  2010年04月 フラット35 最低金利 《 2.590% 》


先月の2010年3月と比較して、平均金利は上がっています。先月の平均金利2.614%は過去5年において、最も低金利であったための自然反発の範囲での動きでしょう。具体的な内訳としても、最低金利が先月と比較して0.05%上昇していることが大きな要素のひとつでしょう。また、最高金利は0.04%上昇しています。


●今後の見通し
急激な円安水準が続いています。これは海外のヘッジファンドなどが円売り・ドル買いを急速に膨らませていることが要因。米シカゴ市場の通貨先物取引で、投機資金による円の売越額が約2年半ぶりの高い水準に達しています。

これらの動きの背景には、日本経済の低迷が今後も継続すると見越した上での「日銀金融緩和政策の長期化」があります。再三、当サイトでも書いていますが、日本の政策金利上昇はまだまだ先です。と言うよりも、普通に金利を引き上げることが出来ない状況から脱出する有効な手段が今のところないのでしょう。

結果として、「円キャリー」の復活による「バブル」がまた起こる可能性が再燃してくるのも時間の問題です。と言ってもこれがおこるには相当の時間がかかりますし、何の根拠もありませんが何となく「中国」でサブプライム問題クラスの金融危機が起こる可能性が高いと思っています。ただこれは中国の不動産が強烈な値上がりを見せる時期、少なくとも5〜10年程度は先の予想です。ですから現状不安に思う必要は全くありません。そしてその頃の日本の経済は相当おかしな状況となっている可能性もあり、ひょっとするとフラット35の利点が活かせる状況となっているかも知れません。


少し話しが脱線しましたが、現状(金利引き上げが容易ではない状況)のもと、フラット35の金利についてもしばらくは現在の水準と同等・もしくは低い金利で停滞する可能性が高いと予測されます。

※これらの予測は現状における情報、情勢からのものであり、絶対を保証するものではありません。

フラット35 徹底攻略 〜 金利推移 〜

投票数:144 平均点:5.69
前
フラット35 2010年5月 金利推移
カテゴリートップ
フラット35 金利推移
次
フラット35 2010年3月 金利推移