フラット35を利用した住宅取得を応援! 〜 住宅ローンはフラット35,S,金利推移,比較 〜
  フラット35  

       

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインコンテンツ
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フラット35金利推移 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
検索


PR

フラット35への借り換えは今が「チャンス!」

フラット35への借り換えは今がチャンス
フラット35同士の借り換えもOK!最低水準金利で賢い住宅ローン活用
 
トップ  >  フラット35 2010年8月 金利推移

ご注意・免責事項 
 2010年08月 フラット35 金利推移


2010年7月と比較して、フラット352010年8月 平均金利↓ 0.090% ↓ 下がり2.293%となっています。

フラット35 金利推移 2010年08月
※全国フラット35取り扱い136金融機関
※2010年8月4日 2010年8月 フラット35 平均金利 推移の画像は近日アップ予定です。

  2010年08月 フラット35 最高金利 《 2.810% 》


  2010年08月 フラット35 最低金利 《 2.230% 》


毎月同様のことを書いていますが、今月も平均金利2.293%と、過去5年間の平均金利においてももっとも低金利となっており、記録を更新しています。このような毎月の大幅な金利下落の原因はやはり長期金利の下落が主です。10年国債の利回りはおよそ1.2%とやはり今年最低の低金利。よもやの1%割れともなると、ITバブル崩壊後の2003年頃に記録した0.5%がありますのでそこまでの下落は考え難いですが一時的に1%を割り込む可能性も十分にあると思われます。


そこまで低下すると、フラット35の金利は単純に比例すると考えれば1.7〜1.8%程度まであることになりますが、フラット35は既に最低とも言える金利水準であり恐らくそこまでの金利低下はないでしょう。


今月のフラット35の金利推移は、最高金利は先月の2.810%と変わらず。最低金利は先月の2.320% ⇒ 2.230%と又しても大きな下げ幅となっており、毎月0.1%程度下がり続ける金利水準は未だ継続しています。



●今後の見通し
円高の影響から、国際経済も相当の波乱含みの展開は「当分の間(少なくとも数年規模・・・以上?)」継続するでしょう。現在、為替を見てもドル円は既に85円台を記録しており、これも留まる気配が見えませんが逆に一定のところで急激な円安が始まる可能性も考えられます。このように経済はまったく先行きの不透明感を拭えないまま、今後も「かなりの長期」に渡って不安定さは継続するでしょう。そうなれば、日銀は益々金利を上げることが出来ず、金利コントロールが行えないことで景気は低迷していくという悪循環を今後も続けてしまうかも知れません。

そして、フラット35の金利はと言えば、2〜3年ほど前の「3年固定金利」と同水準のところまで金利低下してきており、「固定や変動金利を選ぶ」ことと比較してとても選択しがいのある住宅ローンになっていると思います。これから融資を受ける方は35年に渡って2%程度の金利が確定するという極めてローリスクな住宅ローンとの付き合いとなるのではないでしょうか?



これらの予測から、フラット35の金利についても今後急激に上昇に転ずる可能性は極めて低く、現在の水準を維持するような動きで続いていくと思われます。


※これらの予測は現状における情報、情勢からのものであり、絶対を保証するものではありません。

フラット35 徹底攻略 〜 金利推移 〜

投票数:117 平均点:3.93
前
フラット35 2010年9月 金利推移
カテゴリートップ
フラット35 金利推移
次
フラット35 2010年7月 金利推移