フラット35を利用した住宅取得を応援! 〜 住宅ローンはフラット35,S,金利推移,比較 〜
  フラット35  

       

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインコンテンツ
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが フラット35金利推移 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
検索


PR

フラット35への借り換えは今が「チャンス!」

フラット35への借り換えは今がチャンス
フラット35同士の借り換えもOK!最低水準金利で賢い住宅ローン活用
 
トップ  >  フラット35 2010年11月 金利推移

ご注意・免責事項 
 2010年11月 フラット35 金利推移


2010年10月と比較して、フラット352010年11月 平均金利↓ 0.013% ↓ 上がり2.204%となっています。

フラット35 金利推移 2010年11月
※全国フラット35取り扱い142金融機関
※2010年11月5日 2010年11月 フラット35 平均金利 推移の画像をアップしました。

  2010年11月 フラット35 最高金利 《 2.750% 》


  2010年11月 フラット35 最低金利 《 2.150% 》


2010年11月の平均金利は2.204と先月の2.217とほぼ変わらない水準(-0.013)で推移しています。この動きは、今年の上期にかけて下がり続けたフラット35の平均金利が一旦の底を打ち、現在の水準で停滞し始めたようにも見えます。又、最高金利、最低金利も同様に先月とほぼ変わらない水準です。フラット35の金利のみに目を向けると先月からほとんど変化のないような状況にも見えますが、国内外の市場経済ではそれなりの動きがありました。

まず、日本の長期金利に大きな影響を及ぼす米国の金融政策、FRBの量的金融緩和政策第2弾(QE2)の決定が当月2〜3日に実施されたFOMCで明らかになりました。肝心のQE2の内容の焦点はと言えば、ズバリ追加国債買入の金額規模でしょう。アメリカではQE1にて「ゼロ(水準)金利」と「米国債買入」による金融緩和政策が採られて来ました。しかし、失業率の改善及び消費者物価指数の改善、デフレ懸念の再燃により、この度のQE2で前代未聞の金融緩和政策を行うことになりました。具体的な数値は、「米国債を来年第2四半期末(6月末)までに6,000億ドル」規模で追加購入するというものです。

では、そもそも「なぜ国債を買うことが金融緩和に繋がるのか?」について簡単にご説明します。まず、FRBは先述の2008年実施のQE1において「米国債、MBS(住宅ローン担保証券)、エージェンシー債を1.7兆ドル規模で買入」しました。これは債権・証券を買入れることでの経済市場の安定ももちろんありますが、一番の目的は流動性の確保。つまり金利を極力上がり難い状態に維持する目的で証券を購入し、結果的に安い金利に抑えることができれば経済市場での資金を調達しやすくなり、お金が効果的に回る・・・という筋書きです。ですがここでひとつ問題があります。債権や長期の証券には償還期限というものが設定されており、2008年に購入した分については今年の3月時点でその大部分が終了してしまいました。しかしこの時点においても、市場経済は目標水準までまったく達しておらず、当然何の手も打たない訳にはいきません。

という訳でFRBとしては更に流動性を確保する必要性に迫られた状態で、一旦購入した債権について「償還期限を迎えたまま」にしておくことは、証券の残高減少に直接繋がってきます。では更に、長期証券の残高が減少するとその先には何があるのでしょうか?それは、金利の上昇リスクです。米国債も日本の国債と同様のしくみで成り立っているため、国債の残高が減少すればするほど、当然金利の上昇リスクがあります。

ですからFRBは更に半年に渡って国債を追加買入することで、金利上昇を一定期間抑え、資金の供給を滑らかにしようというのが狙いである訳です。



●今後の見通し

当サイトでは再三記述していますが、上記のような国際的・特に米国の経済状況の対応・変化は、日本の経済に大きな影響を及ぼします。又、日本でも先日の日銀金融政策決定会合においてゼロ金利政策を示唆しておりますので、長期金利の上昇は当分考え難い状況に変わりはありません。フラット35の金利は政策金利・長期金利の影響を大きく受けているため、同様に金利は上がりにくい状況にあることは確かでしょう。



※これらの予測は現状における情報、情勢からのものであり、絶対を保証するものではありません。

フラット35 徹底攻略 〜 金利推移 〜

投票数:158 平均点:6.01
前
フラット35 2010年12月 金利推移
カテゴリートップ
フラット35 金利推移
次
フラット35 2010年10月 金利推移